NEWS&BLOG

ANSNAM -2022 Spring Summer-

WOMENS |

昨日のLOOKに引き続き、ansnamの商品ご紹介をしていきたいと思います。
まずはブランド説明を


【ANSNAM / アンスナム】

2006年、中野靖氏が立ち上げる。
ハンドメイドのテーラードスーツなど4型のアイテムからスタート。翌年よりミラノ、パリでコレクションを発表。
ANSNAMを創設する前は、様々な文化様式や伝統服飾に触れる目的で30カ国を巡り、民族衣装や工芸品に触れながらもハンドメイドの技術を学ぶ。帰国後はsacaiにてアシスタント、生産管理を務めた経歴をもつ。後に独立。
もといテーラーを志して服飾系の専門学校に進学したという中野氏だが、「イギリスのサヴィル・ロウを訪れたり勉強していくにつれ、いつしかテーラーの技術とファッションのデザイン性や世界観を融合できないかと考えるようになった。」
そして、デザイナーの道を目指したという。

「ANSNAMの魅力の9割は生地と言ってもいい。生地に触れることでインスパイアされ、服のデザインが生まれることもある。」(引用)

欧州各国から、国内はまさに全国津々浦々、生地のため職人のため飛び回る中野氏の審美眼は並々ならぬもの。
ことばの通り、他では滅多に御目に掛れないであろう極上な生地、ときにはデッドストックの生地とて、もったいぶる事なく裁断する。
生地への飽くなき追及は職人の技術にまで至り、2010年にはLYTHA / リタ―というプロジェクトを始動させる。
その本意は、仏教に伝わる「利他」、ギリシャ語で「流れる / Rythe」
製造のプロセスを露わにすることで、製作から消費までのすべての過程がクリエーションの根幹だという意思表示。
職人と信頼関係を築きながらコレクションを重ねてきたANSNAMだからこそできる妙。
素材、パターン、テーラリング、縫製に於いて常に高い水準を求め、それに応えるだけの技術をもつ職人が携わり、ときにはハンドメイドで1点物の製作にあたる。

2016年、白金台にショップ「ANSNAM cedar」をオープン。http://ansnam.blogspot.com/

メンズのショップではお馴染みの「I am dork」「Fendart」を監修。


今シーズンのインスピレーションの源は現レッチリのギター「ジョン=フルシアンテ」。
レディースブランドだとなかなか耳にすることのないインスピレーション像なので
どんな洋服達が来るのか、私たちスタッフも楽しみだったブランドです。

ではさっそく







Shirt / ¥38,500 (tax-in)
navy check ramie & cotton / viscose silk
blue check   viscose / polyester
Size : 2

元々は3色での入荷だったのですが、写真撮る前に颯爽と1色がお嫁に行ってしまいました・・・。
現在店頭にある2色も負けず劣らず素敵です。
柄ごとに使用されている素材が違い、着用した雰囲気も当然異なります。
blue checkの方は配色が少し柔らかくもありながら、ボーイッシュな印象のチェック。
素材がビスコースなだけあって、少しの光沢感とてろりとした落ち感が程よく抜け感を出してくれます。
対して、navy checkはラミーとコットン。少しのハリやドライな質感でタフな印象があり、
可愛い印象を与えるギンガムチェックとのちぐはぐなバランスがとても好みです。

メンズライクな恰好を普段しない方にはブルーチェックを、普段からパンツスタイルやジャケットなど好む方にはギンガムチェックなんかお勧めしたいな~と、個人的には思っております。
実際に着用すると”あ、想像とちがってやっぱりこっちの方がいい”なんてこともよくあるんでけどね。笑
そういうのも含めて新しい発見が見つかると嬉しいです。

襟後ろには袖と共布が使用されており、襟を立てての着用もおすすめです。
細やかなディテールにいちいち感動・・・。





Pants / ¥47,300 (tax-in)
red navy   viscose wool / cupro
beige   viscose / cupro
Size : 2

何はともあれ、配色がとても心掴まれる~。
裾はお直し前提の仕様となっておりますので、サイズなどはご相談乗ります。
強度と着用時の滑りをよくする為にキュプラの裏地が付いており、長く愛用してもらう為の工夫も。
中野さんの一つ一つの洋服に対しての丁寧な姿勢と、クォリティを感じます。
ぜひ気になる方は店頭にてご試着いただければと思います。

さて、本日は以上のご紹介となります。
オンラインストアにも掲載しておりますので、ぜひ見てみてくださいね!

THE STORE by maidens

 

太田

MAIDENS SHOP WOMEN

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-20-9
TEL  03-5772-5088
MAIL  women@maiden.jp
WEB  http://shopwomen.maiden.jp/
INSTAGRAM  maidensshop_women

-CONTACT-

☎:03-5772-5088

✉:women@maiden.jp


-SISTER STORE BLOG-

MAIDENS well-made by MAIDENS SHOP USONIAN GOODS STORE

2022/05/11