NEWS&BLOG

CAWLEY 20AW collection

WOMENS |

こんにちは。ヴィラロです。
少しずつ気温が下がってまいりましたが、カラッと晴れた日が続いて気持ちがいいです。

今日は、ロンドンのブランドCAWLEYのご紹介です。
なんだか私がブログを書いているときいつもロンドンのブランドの事をお伝えしている気がします。
(ロンドン担当ではありませんよ!)

早速、ブランド背景からお伝えしていきますね。

【CAWLEY(コーリー)】

質の高い職人技と英国の製造業を称える日常着を作りたいと考えていたハンナ・コーリーによって2017年に設立。
すべての衣服は、シンプルで機能的、時代を超越した、長持ちするように設計されており、日常生活の中に活きるようデザインされています。
それぞれの作品はすべてハンドカットされ、ロンドンで作られています。
テキスタイルはイギリス、アイルランド、ポルトガルの伝統的な生地工場から供給された天然素材を使用しています。

MAIDENS SHOP WOMENのOPENから店頭に並んでいるCAWLEY。
細かなご紹介をするのが今になりすみません。。
物づくりに対するストイックさだけでなく環境や過剰生産問題にも向き合って作られた素敵なブランドさんです。
マテリアルには100%天然素材を使用し、レザーやシープスキンは自社メーカーのトルコから、リネンはアイルランド・綿はポルトガル、日本、イタリア、スペイン、イギリス、インドから、ウールはイギリスから調達されています。

2020年5月、家庭でオーダーメイドの衣服を作り始めているそうです。
一度に注文する生地を最小限にし、残った資材は将来のプロジェクトで使用するために、ホームスタジオとロンドンの工場の両方で保存されています。
team CAWLEYは可能な限り過剰生産を最小限に抑えられることを信じながらこの取り組みをしているそうです。
世界中にたくさんのブランドがある中で、洋服に対する気持ちがとても温かいです。ジーンときますね・・

それでは、お取り扱いの商品の説明に入りますね。

Barco Blouse Check Cotton / 32,000yen (ex-tax)
Col:Red Brick
Size:S

しっかりとした張りのあるチェック生地は綿100%でデットストック。イギリスで織られています。
NAVY/ECRU/REDのチェック柄は一見可愛すぎ?と思ってしまう方もいらっしゃるかと思いますが、ワーク感あふれるメンズの様な生地感がとても良いバランスです。
鎖骨が少し見えるくらいの程よいボートネックと、アシンメトリーのリボン。
前に垂らしても後ろに垂らしても、前後に分けて垂らしてもお好みで楽しんで見てください。
横からみたボリュームも私好みです。。

Barco Blouse Cotton / 32,000yen (ex-tax)
Col:Red
Size:S

先ほどと同じ形になります。
そして同じコットンなのにこうも見え方が変わるものなんですね。
落ち感があり、生地の雰囲気も少し大人な印象に。真っ赤ではない少し黒を混ぜたような深みのある赤です。
ベージュのパンツにも合いそうな・・腕を上げたり、曲げたりしたときの表情の変化が面白い1着です。


Mary Check Dress / 42,000yen (ex-tax)
Col:Red Brick
Size:S

Mary Velvet Dress/ 50,000yen (ex-tax)
Col:Moss
Size:S

Mary Velvet Dress/ 50,000yen (ex-tax)
Col:Navy
Size:S

どどんと3種類お先にお写真を!
チェックは先ほどご紹介したトップスと同じ生地です。
ワンピースもボリュームたっぷりなのであえてワイドなパンツに合わせて見ても可愛いですよ。
今回スニーカーでさらっと着ていますが、これからの季節はリブのタイツを履いてみたり、ロングブーツを合わせてもGOODです。

MossとNavyはベルベット生地。張り感は抑えられていて、光沢がきれいにでています。
ハンガーにかかっていると大きく見えるのですが、着てみると不思議と体に馴染んでくれます。
こちらもイギリスで織られた生地。パーティーシーンなんかに着て行くのもおすすめですよ!
きっとクリスマスも、すぐ来ちゃいますね・・・早いなぁ1年・・

Faro Mac/ 70,000yen (ex-tax)
Col:Red
Size:S

2020/10/29

line