NEWS&BLOG

EURO VINTAGE

WOMENS |

こんにちは、太田です。
三連休最終日ですが皆様はいかがお過ごしでしょうか。
本日はスペシャルなヴィンテージアイテム達が沢山あるので、その一部をご紹介したいと思います。

早速、、、

-1900s INDIGO LINEN SIHRT ONE PIECE / ¥128,000yen (ex-tax)
Col : indigo

ヨーロッパのインディゴリネンスモック。インディゴリネンスモックは19世紀〜20世紀中頃まで羊飼いや農夫、馬の仲介人が着用していたと言われています。「インディゴリネン」と呼ばれる、天然藍染めされたアンティークリネンが使用されていています。リネン素材となりますので、とてもきめが細かく、肌触りの良い素材感。120年ほど前のもとなりますが、とても細かな縫製がされており首回りのギャザーの寄り方なんかもう、とても、素敵じゃないですか。このギャザーからなるシルエットは裾に向かってふわりと広がります。動物の毛が付きにくく、また、払い易いことから作業着として採用され、深い色味のインディゴは虫除けと腐食防止の為に施されたものです。一番外に着られていたものとなりますので、ポケットの代わりに中に手を入れられるようにスリットが入っております。状態はとてもよく、多少のステッチのハズレやリペアがありますが100年前の物とは思えない綺麗な状態は保てています。



前開きのタイプなので羽織にも使えるようになっています。横からのシルエットもすごくいい…。
なかなか見かける事もできないアイテムですので、ぜひ店頭にてご覧頂ければと思います。



-1920’s INDIGO COTTON LINEN DRESS / ¥79,800yen (ex-tax)
Col : indigo

こちらはインディゴコットンリネンのワークコート。ウエストにベルトがついてる仕様になっております。襟と肩の生地が切り替えになっており珍しいタイプです。先ほどのスモックもこちらのコートも新品では見られない深みのある色合いや退色が雰囲気を出していて、とってもかっこいいです。さらっと女性が着ていたらかっこいいな〜と惚れ惚れしちゃいますね。

-30s EURO SMOCK  BLOUSE / ¥40,000yen (ex-tax)
Col : white

『チャーチスモック』教会で着用されていたスモックになります。透け感から分かる薄手のコットン素材。首元には細やかなのギャザーが施され、ドレープが美しい。太い袖やゆったりとしたシルエットはスモックならではのシルエットになっておりリラックスした着心地になっています。

今回は結びの方をバックに持ってきていますが、こちらをフロントとしてリボンを結ばずにタートルネックなんかと合わせても良さそう。透け感を活かして色物と合わせたり、着方が色々楽しめそうです。こちらもアンティークの物で、全体に小さなシミがいくつかありますがドレープにより分かりづらくなっています。普通のブラウスに飽きた方には独特な形のスモックなんかは他と差がつけられていいんじゃないでしょうか。ともかく単純に可愛いです。

お次で最後となりました。


-20s EURO IACE DRESS / ¥53,000yen (ex-tax)
Col : white

ヨーロッパの1920年代頃のアンティークドレスワンピースです。ヨークの切り替えがロマンティックでとても素敵な一着。フロントやバック、裾や袖にあしらわれたレースがアクセントになっていて、何を言おうともかくシルエットがすっっごく素敵です!!!アームがとても細く作られているので私は少しきつかったのですが、サイズが合う方には本当に是非ともオススメです。状態も良好でドレスですが合わせ方によってはタウンユースで全然着られるアイテムです。上からニットやスエットを重ね着してスカート部分を見せても可愛いですよね。

 

今日ご紹介したアイテムはどれも本当に希少な洋服達なので店頭でご覧になっていただけたら嬉しいです。

そろそろ表参道にもイルミネーションが付く頃でしょうか。帰り道の楽しみが増えます。
明日から寒くなるみたいなので皆様お体にはお気をつけてくださいね。

引き続きポップアップもやっておりますのでお出かけの際にはお立ち寄りください。

MAIDENS SHOP WOMEN 太田

【”in unam” jewelry Trunk Show / Custom Order at MAIDENS SHOP WOMEN】
会期:11月20日(金)~11月29日(日)
時間:12:00~20:00
場所:MAIDENS SHOP WOMEN
東京都渋谷区神宮前2-20-9

2020/11/23

line