NEWS&BLOG

“from Denmark” POP-UP STORE 10.16(FRI)-10.25(SUN)

INFORMATION |

こんにちは。
少しづつ寒くなってきましたね。

今回は、今週金曜日より開催するイベントのご案内です。

デンマークが位置する北欧では「共存」の概念を大切にされています。その所以として北欧の人々は山々と水、美しい景色が広がる北欧諸国に暮らしているので、いかに自然の恵みが貴重であるかを深く理解していて、自然との共存が大切である、ということを身をもって理解しているからと言われています。
ファッションにおいては、環境や社会に配慮した製造方法を行うエコファッションが北欧のいちばんの特徴。昨今では北欧の多くのブランドが、手間と時間をかけて有機栽培で作られたオーガニックコットンや自然素材を使用する方針を取っています。深刻化する環境問題に伴い、エコファッションの考えは北欧諸国が、ヨーロッパのファッション業界をも牽引する存在です。

MAIDENS SHOP WOMENでは、そんなDenmarkブランドを2ブランドお取り扱いしております。
それが、「ANDERSEN−ANDERSEN」と「JAN MACHENHAUER」。この2ブランドの商品を、よりたくさんのバリエーションで見ていただける機会を設けました。


ANDERSEN−ANDERSEN(アンデルセン・アンデルセン)は、海洋国であるデンマークの人々にとって、大切な道具として古くから愛されてきたセーラーセーター(フィッシャーマンセーター)ですが、現在は大量生産と効率をもとめる潮流に流され、多くの創り手が伝統を手放しています。母国デンマークでさえも、昔ながらの非効率な製法を継承するニッターがほとんどいないのが現実です。そんな忘れ去られようとしている伝統を後世にも引き継いでいきたいという思いから、セーラーセーターの原型を研究し最高の糸を求め、手間の掛かる仕様を実現できるニッタ―を探し、そして創りあげたのが、このANDERSEN-ANDERSENのセーラーセーターです。
皆さんには是非、長く着込み愛用して頂きたい。 そうしてリペアーを繰り返しながら、愛する人に受け継がれていく。そんなことを願って商品は生み出されています。

選び抜かれたイタリアの糸は発色もよく、本当に毛玉になりにくい。私たちスタッフも5年以上着用していることもよくあります。それくらい、耐久性が高い。暗い海の中でも簡単に脱ぎ着ができるように裏表がないセーターセーターに習い、ANDRSEN−ANDERSENの商品も裏表が無いものが多いことも、へたれにくい理由のひとつかと思います。
これらの写真以外にも、ベストやカーディガン型などをご紹介予定です。


続きまして、JAN MACHENHAUER。
1981年にデビューし、数多くの賞を受賞した経歴を持つ北欧デンマークを代表するデザイナーJAN MACHENHAUER(ヤン マッケンハウアー)。”人と服の調和による美の追求”を念頭においた建築的とも称される彼の服は人が着用し、人の動作と服が呼応し合いながら美しい佇まいを生み出すことを重要なアプローチとして捉えています。着る人と服、そのバランスを極限まで繊細に計算し尽くした彼のデザインは、人が着用した時の快適さを大切にしつつ、正面だけでなく、側面や背面から見ても美しさを感じられる絶妙なバランスで構築されています。
全て平面ではなく立体裁断で作られたパターンは、シルエットだけでなく着心地も良くしてくれる。生産はインドなのですが、デザイナー自身が何度も工場へ出向いて仕立てなども指導しており、クオリティは高い。
また、仕立ての良さだけでなくカラーもヤン マッケンハウアーの特徴のひとつ。全て水彩から色出しをし、絶妙なカラーを出している。こちらは定番以外はシーズンごとにカラーが変わります。
今回は過去のアーカイブ商品も一部ご紹介できるので、今出回っている商品ではないカラーも見ていただくことが可能です。

 

また、先着順ではございますがノベルティもございます。
オーガニックコットンのエコバッグ、もしくはデンマーク産の蜂蜜をご用意しております。

いかがでしたでしょうか。
ぜひ店頭にてご紹介させてください。

MAIDENS SHOP WOMEN 古田

【”from Denmark” POP-UP STORE at MAIDENS SHOP WOMEN】
会期:10月16日(金)~10月25日(日)
時間:12:00~20:00
場所:MAIDENS SHOP WOMEN
東京都渋谷区神宮前2-20-9

2020/10/14

line