NEWS&BLOG

Gorsch the seamster ”21ss Colletion”

WOMENS |

ゴーシュという名のとある仕立屋見習いの物語。
ある日屋根裏で見つけた古びた足踏みミシンと仕立ての道具、そして3着のジャケット。
ゴーシュは、今は亡き祖父が仕立屋だったことを知る。
祖父の仕事姿を思い描き、それは憧れに変わり、そして同じ道を歩み始めた。
腕はまだまだ未熟だが、仕立技術の向上のみならず、様々な異国に移り住み、異文化に触れ、感じたままにゴーシュらしい物作りに励む。
故郷に想いを馳せ、いつの日かその地での物作りを通して、様々な国の人々に “Gorsch” を楽しんでもらいたい、そんな事を想いながら、世界のどこか片隅で日々腕を磨いている。


すみません、ブログの更新が滞ってしまっておりました。
本日はgorschから鈴木さんらしい素敵な春夏商品が届いたのでご紹介させて下さい



Epron Olive Heavy Linen Shirt (Vintage Fabric) / ¥46,200(tax-in)
Col : Olive , Black
Size : 46

デザイナー鈴木さんのこだわりが詰まった1着。
エプロンを着用しているかのような不思議なシルエット。

ベルリンのマーケットによく行っていた鈴木さんは
そこで販売している人達の、ワークウェアの上にエプロンをするスタイルがカッコいいと思い
そのシルエットをシャツに落とし込んだ結果エプロンを着用しているかのような特徴的なシルエットを作り出せたそうです。

スタートイメージはドイツ人のおじさんだったみたいですが、
サイズ感が功を成してか、着方次第で女性らしくもなります。
ワンピースとしての取り入れは勿論のこと、物づくりをしている作家さんのユニフォームにもなって欲しいという想いも込められております。

素材はシンプルな織りの肉厚でしっかりとしたリネン。
着ていくごとに柔らかくなる様を楽しんでいただけたらと思います。



High Waist Two Tacks Natural Heavy Linen Trousers (Vintage Fabric) / ¥45,100(tax-in)
Col : Natural , Black
Size : 72

Gorschのパンツは形がとっても綺麗ですよね。
秋冬は3タックでしたが今回は2タックパンツ。
毎度タックから裾にかけての絶妙なテーパードがすごく好みです。
太すぎず、細すぎず履いた人に余裕すら感じさせてくれる。そんな雰囲気です。
抽象的で分かりづらいかもですが履いた人になら分かってもらえると思います。

こちらのパンツもVintage Fabricになります。

シャツとパンツ同型で生地違いがあるので、少しご説明を・・

シンプルなブラックリネンは、1778年創業のフランスのリネンメーカー”サフィラン社”のピュアフレンチリネンを用いております。
原料から紡績まで全て北フランス”フランドル地方”で行っており、8番手(厚手に使用)の糸を使ったリネンは、
フランス国内で収穫されるフラックス原料の中でも一等亜麻と呼ばれる上質な原料だけを使用しています。
厳しく選別された良質なフラックスだけを丁寧に紡いだこの糸の特徴は、強度がありしなやか。
太番手ながらも、糸の特徴と独特のタンブラー仕上げで着心地の良い素材となったそう。
独特な光沢感に上品さを感じられるブラックリネン、一本持っておくのは間違いないのでしょう。

本日は以上でのご紹介です。
数は少ないですが、とても濃いアイテムになっています。
オンラインショップにも上がっているので、そちらも合わせてご覧ください。

THE STORE by maidens

MAIDENS SHOP WOMEN 太田

MAIDENS SHOP WOMEN

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-20-9
TEL  03-5772-5088
MAIL  women@maiden.jp
WEB  http://shopwomen.maiden.jp/
INSTAGRAM  maidensshop_women

-CONTACT-

☎:03-5772-5088

✉:women@maiden.jp


-SISTER STORE BLOG-

MAIDENS well-made by MAIDENS SHOP USONIAN GOODS STORE

2021/05/15