NEWS&BLOG

new brand – DEATHMASK Merchandise

MEN&WOMENS |

こんにちは、古田です。
本日も、ついに明日までとなったTshirts Marketイベントのおすすめアイテムをご紹介していけたらと思います。まずはイベント中に丁度入荷したDEATHMASK Merchandiseのご紹介。

DEATHMASK Merchandise(デスマスク マーチャンダイズ)
2020年よりイギリスでスタートしたブランド。パンクミュージックのグッズのDIY制作、ローファイなフォントやレイアウトにインスパイアされ、バンド名やアルバムカバーのアートワークをイメージし、前衛的なアーティスト名で代用し、商品をデザイン、製作しています。時には文学、芸術、科学など、最も話題になった功績のタイトルからもインスパイアされます。Tシャツは80年代以降のバンドグッズ業界で最も長い歴史を持つ印刷会社を使って、すべてロンドンで印刷されています。こだわり抜かれて生産されるTシャツたちは、他にはない本物のVintageのような風合い、デザインとなっています。

“DEATH MASK”とはもうそのままの意味で、故人を偲ぶ遺品としての保存、肖像作成のために石膏や蝋で死者の顔の型を取ったものをいうそうです。。名前からしてかなりロックなブランドですが、昔の素晴らしい作品に敬意を評して、彼らなりに”型を取る”手段がTシャツであったのですね。

まずはコーディネートにてご紹介。

【Deathmask】
BAUDELAIRE THE FLOWERS OF EVIL / ¥15,400 (tax-in)
Col : Stone Wash Grey
Size : M,L ※スタッフはM着用

【AMIACALVA】
WASHED CANVAS 6POCKETS TOTE(T) / ¥18,700 (tax-in)
Col : WHITE
【BEAUGAN】
Big pocket jacket silk (60%/ nylon 40%) / ¥118,800 (tax-in)
Col : Cream / Soft black shibori dye
【BEAUGAN】
Big pocket jacket silk (60%/ nylon 40%) / ¥118,800 (tax-in)
Col : Cream / Soft black shibori dye

 

“Les Fleurs du mal”和訳すると”悪の華”というフランスの詩人、シャルル・ボードレールの詩集をイメージしたこちらの作品。詩人の生誕から死までを退廃的、官能的に表現した作品を集められたもので、ほとんどの作品は1850年までに書かれ、1857年に刊行された。

『悪の華』 VIII. 末章の挿絵 1890年

お恥ずかしながらボードレールの詩集はまだ読んだことはなく・・・しかし、内容を知っている方は、具現化されたこのTシャツを見て楽しむことができるし、知らない人もこれをきっかけにこの詩集を手に取ってみようと思える。いろいろ調べているとこの挿絵も一つのイメージソースになったのかな、と。面白いアプローチだなと思いました。私も次のお休みに読んでみようかな。今季は全部で5種類の作品。他のアイテムは下記に。

PICASSO MINOTAUROMACHY / ¥15,400 (tax-in)
Col : Stone Wash Grey
Size : M,L

作品 スペイン出身のパブロ・ピカソのMINOTAUROMACHY(ミノタウロスの戦い) 1935年 ピカソは自らをミノタウロスとし描き、語ることがよくあったという。ギリシャ神話の中でのミノタウロスとは、クレタ王ミノスの妻であるパシパエと、彼女が恋した雄牛の間に生まれた頭は牛で体は人間の姿をした怪物を指す。

GOYA LOS CAPRICHOS / ¥15,400 (tax-in)
Col : Stone Wash Grey
Size : M,L

作品 スペインの芸術家フランシスコゴヤのロスカプリチョス(80枚の版画のセット)の中の”Subir y bajar上昇および下降する)”という作品より 1797年-1798年 ロスカプリチョスとは”気まぐれ”という意味。テーマは、結婚、教育、売春、迷信、政治、など多岐にわたり、動物や化け物、魔女などを登場させ、当時の社会、特に聖職者や上流階級に対する風刺がこめられている。

DUCHAMP FOUNTAIN / ¥15,400 (tax-in)
Col : Stone Wash Grey
Size : M,L

作品 フランス生まれのマルセル・デュシャン 『泉』または『噴水』磁器の男性用小便器を横に倒し、”R.Mutt”という署名をしたものに「Fountain(噴水/泉)」というタイトルを付けたもの。現代アートの出発点と言われている作品。

MAN RAY OBJECT TO BE DESTROYED / ¥15,400 (tax-in)
Col : Stone Wash Grey
Size : M,L

作品 アメリカ生まれのマンレイは写真家。こちらのイメージは作品の中でも珍しいオブジェクト。”OBJECT TO BE DESTROYED(破壊されるオブジェクト)”スイングする棒に目の写真が付いたメトロノームで構成。彼が用いたQualiteExcelsior社によって製造されたメトロノームは、多くの家庭で一般的に見られる可能性のある大量生産された製品で、彼のスタジオで彼が絵を描くのを黙って目撃することを目的としていたようです。・・・ただこのTシャツの写真に使われている横たわった何かはちょっと具体的にはわからず・・・”目”が印象的ではあるとはわかります。美術の解釈は自由ですね。

・・・・とさくっと調べてみましたが、知っている人も知らない人も。楽しんでいただける作品となっています。

いかがでしたでしょうか。こちらはオンラインストアにも掲載しております。

THE STORE by maidens

Tshirts MARKETも明日まで!ぜひ店頭にも遊びに来てくださいね。お会いできるのを楽しみにしております。

古田

MAIDENS SHOP WOMEN

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-20-9
TEL  03-5772-5088
MAIL  women@maiden.jp
WEB  http://shopwomen.maiden.jp/
INSTAGRAM  maidensshop_women

-CONTACT-

☎:03-5772-5088

✉:women@maiden.jp


-SISTER STORE BLOG-

MAIDENS well-made by MAIDENS SHOP USONIAN GOODS STORE

2022/06/11