NEWS&BLOG

NEW BRAND “DIMISSIANOS & MILLER”

WOMENS |

こんにちは、古田です。

今回は新ブランドのご紹介です。
まずはブランドのヒストリーから。

【DIMISSIANOS & MILLER(ディミッシアーノ・ミラー)】
1948年にギリシャ、コルフ島にて産声を上げたシューズブランド。
Tsarouhiと呼ばれる大統領警備員用の伝統靴を中心に作っていた父からDimissianosが継承。
“Tsarouhi”とはどんなのだろうと調べたら、こんなシューズでした。

イメージとはなんとなく違いましたが(笑)伝統的なシューズです。ポンポンがかわいい。
そんな伝統を踏襲しつつも、現代的な要素を織り交ぜた編集によるユニークな作風が多く、シンプルながらも知性と遊び心がそのデザインに落とし込まれている。

現在2代目が継ぐ同社は、すべての工程をディミッシアーノ本人と数名の職人による手作業で製作しており、未だ目が行き届く範囲での生産を貫いており、「永く履いてもらいたい」という共通認識のもと1足ずつ確実に、そして丁寧に。小規模ながらも後世に残る良きモノ作りを続けています。


MAIDENS SHOP WOMENでお取り扱いスタートしたアイテムは、ディミッシアーノの中でも定番の二型。早速ご紹介していきます。まずはサンダルから。

DAKTYLO / 39,600yen (tax-in)
Col:Natural / Black / Orange
Size:36,37,38 (Orange : 37,38)

シンプルなデザイン。甲の部分をホールドしてくれ、履きやすい一足。素材はブラックがアッパーはカーフ(子牛)、ソールはバッファロー(バイソンともいい、牛の中でも大型の牛のこと)。オレンジとナチュラルがアッパーがホース(馬)、ソールはカウ(牛)。色によって素材を変えるこだわりっぷり。アッパーは馴染みのよい柔らかい素材を使用し、ソールには質実剛健なレザーを用いられています。ですが長く履いてもらいたいがゆえに、アッパーにもしっかりとした厚みのあるレザーを用いているため、最初のうちは少し靴擦れも起こるかもしれません。ただ、自分の足にしっとりと馴染み出してからは、どのシューズよりも履きやすい靴に育っていることでしょう。

【POSTELEAGNT】Washi Paper Dress / 71,500 yen (tax-in)
Col : White
Size: M

たっぷりとしたパンツにコーディネートしてみました。(パンツはイベントにお借りした商品でしたので、パンツは今在庫はありません、ごめんなさい)白に黒のコントラストがとても素敵。職人技の光るクラフト感のある一足ではありますが、モード感のある洋服にも合う。そんなところも魅力のひとつです。

つづいてはサボ型。

MULE W CLOSED TOES / 91,300yen (tax-in)
Col:Natural / Black
Size:36,37

サンダルと同じくほとんどヒールのないサボ型。これはもう歩きやすいこと請け合い。こちらは靴擦れはないでしょう。ソックスと合わせて一年中楽しめそう。クラフト感は残しつつ、トゥはすこしとがったデザインで、どんなファッションにもマッチ。

【POSTELEAGNT】WOOL EASY TROUSERS / 37,400 yen (tax-in)
Col : Grey
Size: S,M

綺麗めなスラックスに合わせてみましたがすっきり、まとまります。夏らしくデニムや柄のパンツ。。。なんでも合わせられそう!

また、サンダル・サボ共にナチュラルは特に色がどんどん茶色に変化していくかと思います。そうやってどんどん育てていき、自分だけの色になるシューズ。夏が近づきどんどん軽装になりますが、足元はこんな上質なシューズを合わせてみてはいかがでしょうか。

オンラインにも掲載中です。
THE STORE by maidens

店頭でお会いできるのを楽しみにしております。
古田

MAIDENS SHOP WOMEN

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-20-9
TEL  03-5772-5088
MAIL  women@maiden.jp
WEB  http://shopwomen.maiden.jp/
INSTAGRAM  maidensshop_women

-CONTACT-

☎:03-5772-5088

✉:women@maiden.jp


-SISTER STORE BLOG-

MAIDENS well-made by MAIDENS SHOP USONIAN GOODS STORE

2022/05/20