NEWS&BLOG

PARABOOT from paris

WOMENS |

こんにちは、古田です。

今回はひっそりとご紹介していた、しかし存在感抜群のシューズ、PARABOOT(パラブーツ)のご紹介です。
ご存知の方も多いかと思いますが、WOMENでのお取り扱いは初めてですので、簡単にブランドの説明を。


PARABOOT(パラブーツ)
1908年にレミー・リシャール・ポンヴェール氏が創業したフランスのシューズブランド。パリにて幅広い顧客層から支持を集めていた靴職人の彼が、1926年にアメリカへ渡航した際に、アメリカ人が履いていたラバーブーツに可能性を見出し、帰国後ゴム底の靴を開発。ゴム素材にブラジルのパラ(Para)港から直輸入した天然ラテックスを使用したことから「パラブーツ(Paraboot)」のブランド名が名付けられた。
ヨーロッパでは木製や革製のソールが当たり前だった1926年、堅牢で摩耗に強く、履き心地の良いオリジナルのラバーソールを備えたパラブーツの靴に多くの人々が魅了された。まず、一般労働者や消防士、郵便配達人、軍人らの間で支持され、ワークシューズとして世に受け入れられていく。さらに北極探検家ポール・エミール・ヴィクトール氏ら冒険家たちが愛用したことで、アウトドアシューズとしての確固たる地位も獲得。
現代の靴底で大きなシェアを持つビブラムソールが開発されたのが1937年、パラブーツのラバーソールはその11年も前に時代を先取りし、ラバーソールを自社で製造する世界で唯一のメーカーとなる。

創業から100年を越える現在は世界でも指折りの革靴ブランドへと成長を遂げ、フランスの家庭では、「大人になったらパラブーツを履け」と伝えられるほどに、ひとつの文化として深く根付いているそうです。


ということで歴史ある素晴らしいブランドである、ということが伝わったかなと思います。笑
私も1足持っているのですが、革靴とは思えないしなやかさと履き心地でかなり重宝しています。最早ソールがゴムなので本当にスニーカーと革靴の中間といった感じ・・・でも、見た目にはクラシックさが備わっていますので、カジュアルなスタイルに合わせてもパラブーツが締めてくれます。

さて今回WOMENにてお取り扱いしているのが2種類。どちらもMICHAEL(ミカエル)というパラブーツの中でも人気の高いシリーズ。

パラブーツ創業者の孫(現会長)の誕生を祝い、その名を冠したモデルとして1945年に誕生したモデル。パラブーツの名が世界へ広まった代表的モデルであり、チロリアンシューズの名作として現在も高い人気を誇ります。チロリアンシューズとは、傾斜が多く冬には雪で閉ざされるアルプス山脈のチロル地方で、牧童たちが羊の放牧の際に履いていた靴が原型とされています。山で生きる人々が作業しやすいようデザインされていますので履きやすさは抜群。「ノルウェイジャン製法で底付けされたモカシンタイプのチャッカ」というのが、チロリアンシューズの定番のようです。

モカシンの中でも“被せモカ”という構造を採用しているのがチロリアンシューズの特徴。被せモカとはアッパーの甲革を覆うように施されたモカ縫いのことで、縫い目から水の侵入が起こりにくいのが最大の特徴。とても堅牢で見た目も無骨でかっこいい仕上がりです。また、そのステッチにも特徴が。ドレスシューズの場合はステッチを極力細かくエレガントに仕上げるものですが、もともと分厚い革を使用して仕立てるチロリアンシューズにはその方法は合わないので、ワークブーツに使用される太番手の糸を使用しつつ、ピッチ幅も大きく取って縫い込んでいます。水分は縫い目を通して靴内部に浸透するものなので、縫い目が少なければ少ないほど、防水性が高まるそうです。

また、なんと言ってもこのオリジナルのゴムソール。当店のシューズには全てGRIFF II(グリフツー)ラバーソールを使用されています。クッション性があり履いていて疲れにくい。今回の取り扱いはアッパーがファーやハラコなので豪雨は厳しいですが、雨にも強いです。さらに耐久性も高く加水分解も少ないので劣化も遅いと良いこと尽くし。タフに履くことで擦り減りはしますが、交換リペアも可能です!

さて、具体的なデザインに移りましょう・・・・

【PARABOOT
MICHAEL / ¥71,500 (tax-in)
Col. VACHE

今回入荷したのがハラコのシリーズ。色違いかと思いきや、こちらサイズ違いです。白い部分が多い方がサイズ4、茶色い方がサイズ3。これはシンデレラサイズなのでお好みの色とサイズが合致することを祈ります・・・希少なハラコ素材。部位になどによって色が違い、そこもまた面白いですよね。

KNIT
【MAYDI
Garter stitch hand-knitting polo neck Sweater / ¥74,800 (tax-in)
Col. Sable

PANTS
【CAWLEY

May British Ripstop Dry Oilskin Trouser / ¥49,500 (tax-in)
Col. Light Olive

ワイド目のパンツにコーディネートしてみました。チラッと見えるこの素材感がトラッドな雰囲気を掻き立ててくれますね。

【PARABOOT
MICHAEL LAPIN / ¥71,500 (tax-in)
Col. Noir, Natural

もう一つのデザインはこちら。こちらも形としてはMICHAELです。上部にあしらわれたのがウサギのファー。ハラコとは違い、ふわふわとした質感がなんとも愛らしいですよね。こちらは通年弊社でお取り扱いしているもので、サイズも残りわずかです。(Noirが3.5,4 、Naturalが4のみ)

どちらも、とても素敵で且つ普遍的なデザインです。あえて、ファーやハラコなど遊びのある素材をWOMENにてご紹介いたしました。数も限られておりますので、ぜひお店に遊びに来てくださいね。

MAIDENS SHOP WOMEN 古田

MAIDENS SHOP WOMEN
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-20-9
TEL 03-5772-5088
MAIL women@maiden.jp
WEB http://shopwomen.maiden.jp/
INSTAGRAM maidensshop_women

-CONTACT-

☎:03-5772-5088

✉:women@maiden.jp


-SISTER STORE BLOG-

MAIDENS well-made by MAIDENS SHOP USONIAN GOODS STORE

2021/11/23