NEWS&BLOG

【ERICKA NICOLAS BEGAY】 MORE VARIATION&ORDER FAIR

WOMENS |

皆様、来たる夏への準備は用意できてますでしょうか。
上半期も後半戦。レイヤードが楽しい冬はとうに越え、あっという間に春が過ぎ、あっつい夏がやってきますよー!

そんな本日は、夏へのモチベーションを上げてくれるインディアンジュエリー
【ERICKA NICOLAS BEGAY/エリッカニコラスビゲイ】をご紹介いたします。
当店でも何度かブログやインスタでも登場しておるので、馴染み深い方もいらっしゃる思うのですが、
改めてご紹介いたしますね*

–ERICKA NICOLAS BEGAY/エリッカニコラスビゲイ–

1996年生まれのナバホ族女性アーティスト。ブランド名は彼女の名前からとられています。
ネイティブアメリカンの考え方や存在は、そのものがアメリカの歴史であり、
その意思を受け製作されるインディアンジュエリーはとても価値のあるものとされています。

インディアンジュエリーのアーティストが増える一方で、製作の過程や価値が薄まり
現代ではひとつのビジネスとして作られるものもあるようです。

Ericka Nicolas Begay(エリッカニコラスビゲイ)彼女は、まだ若いアーティストでありながら
本来のインディアンジュエリーに対する意味や考えをとても大切にしており
ハンドメイドのナバホパール、フレッドハービースタイルから
重厚なオールドナバホスタイルまで幅広い作品に取り組んでいます。

女性ならではの目線から考えられたジュエリーですが
ユニセックスで男性にも女性にも、年齢も問わず、さまざなかたにぜひ着用していただきたいです。

※フレッドハービースタイル:サンタフェ鉄道沿いの観光客にフレッドハービー社が経営していたホテルや小売店で販売された、軽量で大量生産されたジュエリーのことを指します。1910~40年代に人気を博し、現在でもラルフローレン氏をはじめ世界各国にコレクターがいます。


今回は定番のナバホパール に加えて、スタンプワークのシリーズも豊富に取り揃えております。
繊細な技術を必要とするスタンプワークを得意とするエリッカさんだからこそ
まるでひとつの絵画のように組み合わされた独特な表情を魅せてくれます。


本日最終日となります!
生憎のお天気ですが、駆け込みのご来店大歓迎ですので
皆様ぜひ気分上がるアクセサリーと一緒に夏を迎えましょう〜!

太田

MAIDENS SHOP WOMEN

【ERICKA NICOLAS BEGAY MORE VARIATION & ORDER FAIR】
 
会期:2023年3月21日(火)~3月26日(日)
時間:12:00~19:00
場所:MAIDENS SHOP WOMEN
東京都渋谷区神宮前2-20-9
-CONTACT-

☎:03-5772-5088

✉:women@maiden.jp


-SISTER STORE BLOG-

MAIDENS well-made by MAIDENS SHOP USONIAN GOODS STORE

2023/03/26