NEWS&BLOG

Designer Interview【MAYDI / Maria Abdala-Zolezzi】

WOMENS |

MAIDENS SHOP WOMENではただいまNordic vintageの食器・花器をメインに女性デザイナーにフォーカスした
【“Craftswomen”  女性の作り手】を開催しております。
当店で取り扱っている女性デザイナーズブランドの中から
“MAYDI”のMaria Abdala-Zolezzi(マリア・ゾレッツィ)さんに
Interviewをすることができたので、ぜひ読んでみてください。
ブランドを深く知っていただくきっかけになれば嬉しいです。

【MAYDI (マイディ)】
ロンドンのファッションカレッジ卒のアルゼンチン人デザイナー”Maydi”によって立ち上げられたブランドです。
パリやミラノでソニア・リキエルやイザベル・マラン、エルメスなどの大手ブランドで経験を積んだ後、
祖国アルゼンチンで自身のブランドをスタートさせました。
カシミアやアルパカに匹敵するほどの柔らかさと肌触りの良さを誇るアルゼンチンのパタゴニア産メリノウールをメインに、素材は全て自然のものにこだわり、現地の植物を使ったナチュラルな染色など、環境に配慮した生産を行っています。
全てのニットはアルゼンチンの職人によって伝統的な手織りの方法で織られています。
Maydiは、環境や動物の保護、職人への正当な報酬、自国の伝統やルーツの再生、継承などサスティナブルな生産を担っています。


1. あなたの経歴について教えてください。
Could you please tell us about your background?

私の名前はマリア・アブダラ・ゾレッツィ、アルゼンチン人です。
私が生まれた頃に母の友人が読んだ本の中に、MAYDIと呼ばれている私と同じ名前の架空の人物がいました。
それが、ニックネームの由来です。私は独学でファッションデザイナーになりました。
子供の頃からファッションに夢中で、自分のミシンで人形のドレスを描いたり作ったりしていました。
ブエノスアイレスでは広告を学びその後、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションで学位を取得しました。
パリとミラノのファッション業界で12年以上働き、Band of Outsiders、Golden Goose Deluxe Brand、Sonia Rykiel、Isabel Marant、Nick Hart、Totem Press Office、PLC Consulting Paris for the Fédération Française de la Couture “Designers Apartment Showroom “などのブランドで、マーケティング・コンサルタントや国際市場の開拓を行ってきました。
パリでの高級ブランドや現代的なブランドでの経験は、私のフランス・アルゼンチンの文化を表現しています。
それらの経験は私のデザインにも反映され、世界中の、そしてアルゼンチンの人々の心をつかむことに成功しています。
国内市場ではセンスの良さと高いデザイン性を評価する顧客に焦点を当て、オーダーメイドの作品を作ることでその価値を高めています。このようにそれぞれの服のユニークさを強調し、作品を手に入れたいという願望をより正当化しているのです。

My name is Maria Abdala-Zolezzi, I ́m Argentinian.
When I was born a friend of my mother’s had read a book where the fictional character in the story had my name and everyone called her MAYDI.
That’s where my nickname came from. I’m a self-taught fashion designer.
Since I was a child my passion was fashion, I had my own sewing machine and drew and made dresses for my dolls.
I studied advertising in Buenos Aires.I got my Diploma in London College of Fashion.
I worked more than twelve years in Paris and Milan fashion industry, as marketing consultant and developing international markets for brands such as Band of Outsiders, Golden Goose Deluxe Brand, Sonia Rykiel, Isabel Marant, Nick Hart, Totem Press Office, PLC Consulting Paris for the Fédération Française de la Couture “Designers Apartment Showroom”, among others.

My experience in Paris with luxury and contemporary brands expresses my Franco-Argentine culture.
In turn, this is transferred to my designs which successfully reach an exquisite international and Argentine audience.
In the domestic market, Maydi focuses on customers who appreciate good taste and high design, redoubling their value by making made-to-measure pieces.
In this way she intensifies the uniqueness of each garment and justifies even more the desire to have them.

2. 自分のブランドを始めたきっかけは何ですか?
What made you start your own brand?

最高品質へのこだわりを表現したブランド”MAYDI”を設立するために、2014年にアルゼンチンに戻りました。
私のブランドは、エイジレス・コンテンポラリー・デザインという時間の概念に基づいています。
これを達成するために、労働者と環境の両方を尊重したプロセスで一着一着丁寧に手作りしています。
同様にMaydiの妥協のないディテールへのこだわりが、最高品質の耐久性のあるニットウェアを生み出しています。
これらのタイムレスな作品は、アルゼンチンに古くから伝わる工芸品のノウハウと世界で最も優れた天然繊維を使用しています。手作りの生地には、天然の高級繊維とオーガニックの糸だけを使用。
さらに、古代の手織り技術を用いながら100%コンテンポラリーで洗練されたデザインはタイムレスな精神の表れです。
Maydiは、アルゼンチン・パタゴニア産のメリノウール(紡績糸を含む)、モヘア、アルゼンチン・プナリャマ、アルパカ、コットン、シルクストローなどの高貴な素材を厳選しています。主な素材としては、アルゼンチン産のオーガニック・メリノが挙げられます。カシミアやアルパカなどの高級繊維と比べても、その繊細さ、明るさ、柔らかさは遜色ありません。
このように、私が使用する特別なメリノウールは、環境、動物、そしてバリューチェーン全体に参加する人々や組織の発展に配慮した生産プロセスに支えられています。

In 2014, I returned to Argentina to found MAYDI, a venture expressing my commitment to, art and fashion. Being so, my brand lays its foundation upon a particular concept of time: ageless contemporary design.
To attain this, each garment is carefully hand-made, with processes that respect both workers and environment.
Likewise, Maydi’s uncompromising care for details enables her to create top-quality durable knitwear.
The timeless pieces are enhanced through the unique Argentine know-how of ancient crafts and some of the best natural fibers in the world.
Maydi only uses natural luxury fibers and organic yarns in her handmade fabrics.
The timeless spirit of each piece is manifested in a 100% contemporary and refined design, carried out by ancient techniques of hand weaving.

Maydi exclusively selects noble materials such as merino wool from Argentine Patagonia —including spun spinning—, mohair, Argentine Puna llama, alpaca, cotton and silk straw.
Among the main materials used Argentine organic merino stands out. It’s comparable with precious fibers (such as cashmere and alpaca) for its finesse, brightness and softness. Thus, the particular Merino® wool that she uses is backed by a productive process that takes care of environment, animal ́s and development of people and organizations that participate in the entire value chain.

3. デザインを考えるときに心に留めていることは何ですか?
What is something that you keep in your mind when thinking about design?

私のインスピレーションの源は、自然の色や、天然繊維との触れ合いです。
旅行が好きで、展覧会や美術館を訪れたり、音楽を聴いたりします。
コレクションの制作には普段から集めているアート、ファッション、建築に関する本などが活かされています。
旅をしている中で、人々のさまざまな服装のスタイルを観察しているのですが
中世の伝統的な服は私にインスピレーションを与え、それに現代的なタッチを加えています。
私がニットウェアを選んだのは、ニットは人生の緯糸であり、それぞれに魅力があると考えているからです。

All my inspirations come from the colors of nature, from contact with the natural fibers that are the engine when thinking and designing a collection.
I love traveling, visiting exhibitions, museums, listening to music.
I collect books on art, fashion, architecture and all of that is part of creating each collection.
In my travels, I observe the different style of people dressing.
Medieval and traditional clothing inspires me and I give it a contemporary touch.
I chose the Knitwear because I consider them to be the wefts of life and each one of them has its charm.

4. 最後に、インスピレーションの源となっている女性は誰ですか?
Who are some of the women for whom you are inspired?

インスピレーションの源となる女性は何人かいます。
ジャンヌ・ダルクもその一人ですし、ガブリエル “ココ “シャネルもインスピレーションの源となるミューズの一人です。
ジェーン・バーキンのスタイルも大好きでした。
私も10歳の頃には、すでに自分の個性を持った服を着ていました。

There are several women who are a source of my inspiration, Jeanne d ́Arc is one of them, Gabrielle “Coco” Chanel another inspiring muse, I loved Jane Birkin’s style, also in my life my influences in style come from my parents, my mother when she was young she had her own style and for every occasion she had a different dress.
When I was very young at the age of 10, I already had my own personality to dress.

とても丁寧に答えていただきMAYDIのニットウェアの品質へのこだわりや、普段からインスパイアされている物、実生活が伺える様なインタビューになりました。

商品を目にする機会は多くとも、デザイナーさんの言葉を聞ける機会はなかなか無いと思うので
私含めとても良い機会だな〜と思います。

最後にMAYDIの21SSの商品をチラッとご紹介させていただきます。


FEEL / ¥64,900yen (in-tax)


INFLUENCE / ¥48,400yen (in-tax)


CREAR / ¥35,200yen (in-tax)


SIMPLEZA / ¥39,600yen (in-tax)

HONRAR / ¥46,200yen (in-tax)

 

MAIDENS SHOP WOMEN  太田

【”Craftswomen”】
会期:5月22日(土)~6月6日(日)
時間:12:00~19:00
場所:MAIDENS SHOP WOMEN
東京都渋谷区神宮前2-20-9

-CONTACT-

☎:03-5772-5088

✉:women@maiden.jp


-SISTER STORE BLOG-

MAIDENS well-made by MAIDENS SHOP USONIAN GOODS STORE

2021/06/01